テラスハウスなら上下階の生活音に悩まされない!?特徴を把握して住んでみよう

集合住宅の騒音トラブルは上下階が多い

集合住宅に住んだ経験が有る人ならば、同じ建物内で上下階の騒音トラブルを聞いたことがある人も多いでしょう。テラスハウス形式ならば、戸建てを並べてくっつけた形をしているので、専用庭が仕切られていて2階建てならば上下階は自ら利用する形になります。上で子供が飛び跳ねても下の階で物音を聞くのは同じ家族ですから、苦情は家族内で済む話となるわけです。

完全な一戸建てよりも建築価格が抑えられるだけでなく、家賃も戸建てを借りるよりも安く済むので経済的です。サイズの大小はありますが、専用庭や駐車場として使えるスペースが区分けされているので、家族構成や趣味の違いにより使い方に変化を持たせることが出来ます。建物の形がテラスハウスでは似ていても、個性が出せるわけです。

左右の壁が隣接している際には近所付き合いが大切です

テラスハウスでは上下階の物音を気にする必要が無くても、左右の壁が隣家とくっついているので、片側または両側の家と隣接している場合には隣近所に多少生活音が響くでしょう。壁の防音品質は建物ごとに異なるので、全く無音で生活出来るわけではありません。最大のリスクとなる上下階の生活音トラブルを防止出来る一方で、左右両隣との近所付き合いはマナー程度にしておくことで、騒音トラブルを回避出来るでしょう。

一般的な集合住宅よりも、テラスハウスタイプでは建物ごとに横の繋がりが密接となりやすい傾向にあります。なぜなら、専用庭で寛いでいたり作業をしている際に、互いに顔を合わせる機会があるからです。全く隣近所を無視した生活には適さない点を覚えておく必要があります。

千歳には、北海道の空の玄関口とも言われている新千歳空港があり、市内には鉄道路線や高速道路がしっかりと整備されています。そのため、千歳の賃貸住宅は交通の利便性が良いことでも知られています。