賃貸初期費用は削れるってホント!?やり方次第で半額に

初期費用が高額になる理由は不動産屋にある

部屋を借りる時に必要となる初期費用には、敷金・礼金だけでなく不動産屋に支払う仲介手数料と前家賃があります。火災保険に加入する必要が出てきますから、合わせると家賃の半年分にもなりかねません。インターネットに掲載されている物件を契約する際には、選んだ不動産屋により保証会社利用必須であったり、抗菌施工費まで請求されるケースも出ています。

大家と直接話して契約する場合には、仲介手数料と保証会社利用料に加えて抗菌施工費を削減出来るので、礼金無しの物件ならば初期費用を半額程度に抑えることが可能となるでしょう。不動産賃貸契約は、相対料金で決まるという仕組みを知らない人が多いので、上から目線で契約を迫る不動産屋に引っ掛かってしまう人が出ます。良心的な不動産屋を探すことが大切です。

交渉力が無ければ賃貸エージェントを利用しよう

自分で賃貸契約の初期費用を削減する交渉が出来なければ、賃貸エージェントを最初から利用して初期費用を減らす方法があります。賃貸エージェントも不動産屋ですが、物件管理をしている不動産屋と業者同士の交渉が出来るので、初期費用を減らすことが可能です。仲介手数料が本来は必要な所を、半額または無しとすることや、入居月の家賃を無料とするなどの特典を得られることが少なくありません。

賃貸エージェントを利用すると、大家から出ている広告料を元付不動産屋と賃貸エージェントで分配することになるので、最初から大家が出している広告料が多い部屋ならば、割引に充てることが可能なわけです。不動産屋の取り分は減りますが、元付不動産屋にとっては契約の取次だけすれば良いので楽して儲けられることから、交渉に乗ってもらえるという仕組みです。

菊水の賃貸は、物件数の豊富さに定評があるため、細かい希望条件がある場合でもスムーズな物件探しが可能です。