水回りのリフォームをする場合の注意点を知っておく

トイレを新しくする場合

住宅をリフォームする場合は、一部分だけをリフォームしてもよいですし全体的にリフォームすることもできます。もし一部分だけリフォームする場合はどのようなことに気をつけたらよいでしょうか。リフォームをする時に問題になりやすいのは水回りです。水回りは当然水が流れている部分を新しくするわけですので、一定の制限がかかります。例えばトイレを新しくする場合は、前のトイレと同じ排水部分でないと設置することができません。ただ最近は排水部分を移動できるタイプの商品もありますので、排水部分が分からない場合は、配水管と接続する部分が移動できるタイプのものを購入してみるとよいでしょう。もちろん、便器の設置業者が最終的に判断するところではあります。

キッチンを新しくする場合

キッチンをリフォームする場合、気をつけるべき点は、場所を移動するときです。キッチンは、時代によってその形が様々になります。今まで壁に向かって料理をするタイプのキッチンを利用していたものを、リビングの真ん中の方に持ってくるタイプ、いわゆる独立型に変更することもできます。この場合は、給水管と配水管が問題になります。特に排水管は一定の勾配をつけないと水が流れません。場所を移動する場合、配水管の角度を整えないといけませんので、今まで付いていた配水管をすべて取り払い、新しい排水管に変える必要があります。この場合一度床の下にもぐらなければならないため、その分費用がかかってしまいます。どうしても場所を移動したい場合でなければ、無理して移動する必要はないでしょう。

リフォームを千葉で契約するうえで、実績のある工務店のサポートの内容や施工事例をチェックすることが大事です。