任意売却をするときにはどのような知識が必要か

任意売却をする場面とは

不動産を購入している人の多くは、住宅ローンを組んでいますが、人によっては住宅ローンの返済ができないことがあります。1回ぐらいなら滞納しても問題ないと思う人もいるかもしれません。しかし一度滞納してしまうとそのまま何カ月も滞納してしまう状態に陥いる可能性が高いです。その状態になった場合には、住宅をはじめとする財産は差し押さえられてしまい、やがて競売され住宅を手放さなければならなくなります。競売する場合の問題点は売却費用が安いことです。相場に比べても 1割か2割ぐらい安い金額でしか売却されないため、債権者に対して十分な債務を返済することができず、住宅がなくなったうえに借金が残るという状態になります。これを避けるためには任意売却をすることが必要です。任意売却とは、競売される前に不動産会社を通じて売却することです。

任意売却のメリットを知っておく

任意売却のメリットは、競売されるよりも高い金額で売却される可能性があることです。売却金額が高ければ、債権者に対してより多くの金額を返済することができます。うまくいけば、債権者に対して全額返済できる可能性があり、その後債務が残ることはありません。任意売却をする場合は不動産会社以外に保証会社を選ぶ必要があります。保証会社は、債務者の代わりに債務を返済してくれます。結果的にその不動産に付いていた抵当権が消滅し不動産を売却することが可能です。結果的に不動産は売却されますが、残りの債務は保証会社に対して支払っていく必要があります。

任意売却とは住宅ローンの支払いが不可能になった際に住宅ローンが残った状態で、債務者と債権者の合意により家を売却することです。一般的にコンサルタントなどが両者の間に入り調整を行います。